ブログ書き始めてみたけれど。



今年になって、毎日更新を努力目標として本格的にブログ参入してみました。
当初は投資と子育てに関するブログのつもりでしたが、すでに方向性が怪しくなってきており、何がテーマなのか、誰に訴えようとしているのか、など、よく分からないことになっていることは知っています。

たぶんそんなこんなで、その都度の話題を書き連ねていくのだろうと思いますし、
なので恐らく将棋の駒とか手持ちの会社の話題とか、そのうち出てくるのだろうなと思っていたりします。

始めたばかりなので当たり前ですが、今のところ読者も殆どおらず、ふらふらと方向性が定まらないのは、まあ今のところはいいやと思っていたりします。

1年も続ければ何か見えてくるものもある気がしますし、何かが見えてこないといけないってものでもないですし。日記代わりに成ったとしてもそれはそれかなと。

あまり気負いすぎて止めちゃわないようには気を付けようと思っています。

blogger(正確に言うとテーマと言うべきか)の機能が優れているので、記事のラベルで一応の整理はつくはず。


しかしyoutuberとかbloggerとか、今の若者のやることは・・・みたいな気でいましたが、若い人の米国株投資のブログなんか読んでいると、ほんとよく考えて投資しているなとか思ってみたり。
お金の勉強なんて、日本人は全然できていないと思っていましたが、徐々に変わりつつあるのか、ネットのお陰で目にする機会を手に入れただけなのか。
いや、たくましいです、見直しました。あくまで一部の若者は、ですが。

ある意味、もう時代が変わっている。

自分の子らもどういう大人になるのだろうか、などと考えてしまう。

0 件のコメント :