クレジット業界のシステム

VISA,Mastercard,JCB,AmericanExpress,Diners

クレジットカードは身近なものですが、クレジット業界のシステムは結構知らない。
投資を行うには、その何たるかを知っていないと、お話になりません。

クレジット業界に関わる会社を簡単に分類すると、
・ブランド
・イシュア
・アクワイアラ
 になります。
これに、
・提携先企業
 と言うのが加わえると、大体を説明することが出来そうです。
自分の頭も整理するために、今日はちょっとこの辺をまとめておきます。

ブランド

ブランドと言うのは、クレジットカードの表面に必ずロゴが入っている、
VISA、MASTERCARD、JCB、AMERICANEXPRESS、DINERSのことです。
中国の台頭で、もう一社、 銀聯(UNION CARD)加わった感があります。
ただし、まだ中国国内以外では殆ど使えないかもしれませんので、国際ブランドと呼べないかもしれません。
決済システムを提供し、イシュア、アクワイアラからライセンス料と決済の度にシステム利用料が入ります。
あくまで決済システムを提供するだけなので、決算額の貸付や集金などはしてないです。
決済システムの契約内容は秘密とされており、一般的にはよく分からない、ですが、細かい取り決めがされているだろうと思います。
 

イシュア

物理的なクレジットカードの発行与信会社のことです。
日本だと、三菱UFJニコス、三井住友カード、など。
クレジットカードの顧客管理を行い、与信管理も行っています。
加盟店で買い物をすると、カード利用者へイシュアから請求が行き、イシュアが利用者から集金を行います。利用者→イシュア→アクワイアラの段階で手数料を徴収し利益とします。
クレジットカード利用者が、利用額を支払えない場合、イシュアが損をする、立場です。
JCB、AMERICANEXPRESSは、ブランドでもありますが、イシュアでもあります。自前でカードを発行しています。
VISAは純粋にブランドです。自前でカードは発行していません。

アクワイアラ

加盟店舗を開拓し管理する会社です。
加盟店で買い物をすると、利用額をイシュアから徴収して、手数料を引いて加盟店へ支払います。イシュア→アクワイアラ→加盟店の段階での手数料が利益になります。
JCBはアクワイアラでもあります。日本では、ライフカード、イシュアでもある三菱UFJニコス、三井住友カードとかがこれにあたります。

提携先企業

イシュアと提携して、手数料の一部をもらいます。
いわゆるディズニーのクレジットカードとかあると思いますが(今もあるのか疑問ですが)、そうなるとディズニーが提携先企業、ということになります。
よくコンビニなども提携したりして、セブンイレブンだとnanacoが溜ったりとか。


提携先をぬかすと、UnivaPayさんのHPにあったのですが、こんな図が描ける。
カード手数料内訳
出典:https://www.ipservice.jp/service/column/the-role-of-card-brands/

ブランド(図では、”国際カードブランド”)の取り分が1円になってますが、ほんとに1円かどうかは怪しいです。
たぶんもっと取っているだろうと思います。

ブランドの決済システムというのは、カードの真偽、与信を超えていないかの判定、実際の金額、手数料、イシュア、アクワイアラの管理とその入出金額、購入物品などの管理なされていると思いますが、全貌は謎です。

ブランドと呼ばれるくらいですので、信用が付加されている訳です。
クレジットカードが個人のスティタスとも呼ばれる基盤を構築しています。

新規参入は非常に難しいです。
中国の銀聯(UNION CARD)が加わりましたが、あれは中国市場という巨大市場が共産党と言う政府管理であったから、という特殊事情があります。
実は 殆どの銀聯(UNION CARD)カードはデビットカードという話でもありますし、中国国内で銀行口座を作るとキャッシュカードに銀聯(UNION CARD)がある、らしいですし。
世界シェアはこんな感じで、圧倒的にVISAが強いです。



 今後キャッシュレスの進行、など需要はまだまだどんどんあるでしょうし、参入障壁は高いですし、ビジネスモデルは強固、です。
加えて、データを握っています。 しかも消費、金融のデータ。

強いでしょうね、これは。(投資は自己責任でお願いしますが。)

0 件のコメント :