任天堂に言いたいこと

任天堂に言いたいのは、

消費者がハードのサイクルに対する考え方を変えられる方法を考えてくれってことで、もっとハードを大事に売ってもらいたいということです。


自分はWii Uを持っていましたが、もう既に過去のハードであり、ゲーム自体は出来ますが、新しくWii U用にゲームが発売されることはありません。

そして現在任天堂switchに移り変わっているのですが、Wii Uで遊んでいたゲームはswitchでは遊べないです。

正直、Wii U は邪魔な存在になっていますし、それでもゲームがあるので捨てるに捨てられず。将来switchもこうなる運命なのか、と思うとおいそれと買う気にならないのですよね。


ゲームに互換性を持たせるなり、古いハードを処分させてもらえないと、ついていく気にならないです。家庭のスペースは限りがありますから、何台もゲーム機置いて博物館を作っておく訳にはいかないのです。
5000円位ならゲームを新機種に移行させる手数料として払ってもいいと思いますが、その手段も無い、のが痛い。


そう思っている人多いのではないでしょうか?




任天堂が急成長したのは、

あれですよね。
家庭用ゲーム機、ファミリーコンピュータ、略して”ファミコン”の登場。

私が高校生だったか中学生だったか位です。
ググってみると、1983年に発売されています。


 Nintendo-Famicom-Console-Set-FL.png
ファミコン 1983年発売
販売台数 日本1935万台(世界で6191万台)
希望小売価格 14800円


当時爆発的に売れて、日本でおよそ2000万台弱と言いますから、当時の日本の世帯数が4000万弱ですので、殆ど半分の世帯にファミコンがあったことになりますか。


ゲームは別売りのカセットになっており、何本もカセットを持っていましたっけね。

覚えている中でも爆発的な人気だったのは、ドラゴンクエストシリーズ。
ドラゴンクエストⅡの発売時のことを覚えていますが、発売と同時に売り切れて、毎日ゲーム売り場に何日も通い、あるかないかを確認していた覚えがあります。
あと、スーパーマリオブラザーズ。並んだ覚えはないソフトですが、販売数No1です。


ファミコンがなぜ売れたのかは、任天堂のゲーム開発力もあると思いますが、このハードを持っていれば間違いない、という安心感があったと思います。

発売から7年後の1990年に、スーパーファミコンが発売されますが、このハードがそこまでの命なのだ、と思って購入してはいませんでした。

その後、


出典:http://www.garbagenews.net/archives/1925051.html


ニンテンドウ64が発売されるのですが、この辺で自分は着いていけないと思っていた気がします。
もはやハードに寿命があるのは明白であり、それを分かっていながら次々と購入する気にはなりませんでした。

任天堂のハードの販売台数実績をみても、ハードの売り上げがパッとしないのは明白。
Wii は久しぶりのハードのヒットになっていますが、Wiiリモコンとか新しい何かがありましたので。
switchにしたって、どうやらもう下火になっている気がします。
発売から3年も経ち、あと数年で邪魔になるハードを今からこぞって買おうという気にはならないですよね。
ゲーム業界自体が下火に成っちゃいますよ、任天堂さん。(既になっている?)

0 件のコメント :