自動車の近い将来

 「電気自動車 バッテリー」の画像検索結果

ガソリンエンジンで動いていた自動車(トラックなどは経由で動くディーゼルですが)ですが、排ガス規制があり、将来的には動力が何か、に変わる訳です。

何に変わるかですが、トヨタを巻き込んで日本が進めようとしている水素、もしくはハイブリッドや電気自動車、ですよね。

水素はエネルギーとしては効率のいいものではなく、運搬のコストがかかると思います。
と言うか効率悪いので何かボンとしたインフラのアイデアがないと普及しないだろうなと思います。
そうすると電気自動車、もしくはプラグインのハイブリッドが次の世代候補かと思いますが、バッテリーさえ低コストでできてしまえば電気自動車一択と思いますし、遠からずできるのだろうなという気がしています。


電気自動車になると、エンジンは電気モーターに置き換わりますので、自動車は家電のような位置づけになるのではないかと言う気がします。

あと今高齢者の運転などが問題視されていますが、安全装置、ひいては自動運転の技術が肝になってくる、のだろうと。

トヨタ自動車などの既存の自動車企業でなくても作れる、と言うか、どちらかと言うとIT企業の独断場になりそうな気がしています。

トヨタ自動車が生き残るには、情報産業への変化が必要なのでしょうが、どうもそんなことできるような気がしません。

トヨタ自動車は自動車が全然売れなくても何年か従業員に給与を支払う貯えがあるらしいですが、それがあったとしてもそれは何年か・・・だけの話しですので、非常に難しい岐路に立っているのは間違いないはずです。


私はトヨタ自動車と言う企業を買っていました。
非常に高い品質、原価低減の企業努力による高い利益率。


過去、リーマンショック時に2000円位に下がった時に株をありったけのキャッシュで購入し数年後に7500円程度で売却しました。
もう今後購入する意思は無いです。
どうなるか、分からないですので。と言うか、落ちていく姿しか見えない・・・ですので。

0 件のコメント :