選択性の確定拠出年金

「選択性確定拠出年金 厚生年金」の画像検索結果


今度、勤め先で選択性の確定拠出年金の制度が導入されていることになった。

正直、この辺の年金制度どうなっているのかよく分からなかったのですが、1晩かけてネットで調べた結果を記載しておきます。(ほぼ結果だけですが。。。)

1晩で調べた結果なので、間違いもあるかもしれませんが、私の理解の範囲です。


メリットとでデメリットがあるのですが、
結論から言うと自分は選択制の確定拠出年金へは”全く拠出しない”でおこう、ということに成りました。



企業に勤めていると一般厚生年金に加入していることに成ります。
この厚生年金と選択制確定拠出年金というのはどういう位置づけなのか。
ですが、どうやら並行してある、つまり選択制確定拠出年金を使っていても厚生年金はある、訳です。

選択制確定拠出年金に給与からいくらか拠出するわけですが、拠出分は給与と認められず、そうすると社会保険料も安くなる(=厚生年金も安くなる)ことに。
給与が少なくなるわけですから所得税や住民税の節税効果もある訳ですが、そんな大したものじゃない。

ザクッと言ってしまうと、給与から一定額を拠出して運用し、将来の年金に(厚生年金にプラスして、正確に言うと運用の成績次第でプラスして。マイナスもあり得る)充てる制度。拠出した分は所得と見なさないので節税になりますよ、と 。

しかし問題があります。
運用先の商品は決まっており、正直全部見ましたがあまり預けたいと思うものがない。
運用がうまくいかなければ節税も何も意味はなく、厚生年金の額が減ってしまうだけ。

厚生年金や健康保険の社会保険料は企業と折半(半分企業が出す)ので、それが減ると企業側の人件費が下がる。下がった分は個人がリスクをとってください、と言うものですね。


最初にも書きましたが、1晩検討してみましたけれど、投資が趣味の当方はやらんで良し。
給与でもらって自分で安い手数料で運用しましょう。
社会保険も普通に企業に出してもらいましょう。
ということでした。


0 件のコメント :