トヨタ自動車についてちろっと書いてみた

私はトヨタ自動車が好きでした。
リーマンショックで株価が暴落した時に、2000円台で思いっきり買い続けたのも必ず復活すると思っていたからです。
まあ思った通り、復活はしました。

現在、自動車業界は静かにですが、恐らく今後十年で一番大嵐が吹き荒れるのではないかと思っています。

何がと言うと、まあガソリンエンジンの自動車から電気自動車に変わる過程が訪れるだろう、と思っています。

変わるのは電気自動車へ、です。ハイブリッドでもプラグインハイブリッドでも、勿論水素を利用した燃料電池車へでもないです。電気自動車です。

次世代の自動車が何になるかは、もう殆ど決着がついていると思っています。

自社で生産しているトヨタ自動車の様な会社は、大きくそれこそ今のトヨタを潰して新しい会社が取って代わる位の変革がないと、まあこれを生き残ると言うのかどうかは議論があるでしょうが、生き残っていられないだろうと思っています。

私の住んでいる愛知県は、もうほんとにトヨタの恩恵を受けて、日本で一番豊かな地方なのではないかと思っています。
それももう残り10年。

いまからトヨタ株を買うか?
絶対買いませんよ。
トヨタは恐らくこの変化に着いてこれないと思っていますから。

彼らはいまだに次代の自動車を電気自動車とは見ていない。また技術があるから大丈夫だと言った空気が、発表内容からはありありと感じられる。

電器産業が20年で殆ど体たらくに陥った様に、日本の自動車産業も今後の10年で同じような憂き目にあうと思います。

自動車の次代を担うのは、電池の技術、自動運転のIT、大量の組み立て工程を担える生産工場、それとシェアリングの事業者。

自動運転のIT>シェアリング事業者>組み立て工場>電池
利益はこんな順番に配分されるかと。

今のトヨタの技術が生きる場所はもう無いです。
「トヨタ」の画像検索結果

0 件のコメント :